パーソナルトレーニングの効果

産後うつが一年も続いてる不安と向き合う|ホルモンバランスの整え方

更新日:

産後うつが1年以上続く症状との向き合い方

産後うつが1年以上続く症状との向き合い方

産後うつが出産2ヶ月目から出てきました。子どもの育児に追われているうちにいつもと違う冷ややかな自分が出てきました。子どもがかわいいと思えなくなり、泣いているのに少し放置してしまう。そんな自分が嫌に思いながら、だんだん毎日がこわくなって、心が自分で閉じてるのがわかるぐらいまでになったので心療内科を受診。お薬をもらいましたが、改善はあまりしませんでした。ネットを検索しているとtakさんのサイトを見つけ問い合わせて出張パーソナルトレーニングを受けました。すると、骨盤まわりがしっかりしてきて、産後うつが少しずつマシになったんです。takさんが言うには、うつは心の病気を思いがちだけど姿勢や筋肉、循環からも来るんですと教えてもらいました。今では子どもといるのが楽しくなってきました。

というお悩みに対してパーソナルトレーニングで実践してきたアプローチを説明します。

わたしはダイエットや筋トレのニーズには対応せず医療機関に関わるようなレベルの症状を中心にパーソナルトレーニングを実践するトレーナーのtakです。キャリアは21年。ある程度ほとんどの病気を抱える女性と向き合ってきました。

産後うつをもつ女性とよく出会います。

育児ノイローゼと違い産後うつは妊娠ー出産の過程で体内のホルモンバランスの変化によって起こります。

つまり、からだの不調から産後うつが出てきます。
この症例の方は、2ヶ月目から1年以上も産後うつがあったのですが、1年以上してからうつが出る場合もあります。

この記事では、産後うつが1年以上続いてる症状に対する関わり方を説明します。

最後まで読むと、ホルモンバランスとうつが関係している根拠がわかってきます。

産後うつからなるべく早く改善させると子どもの笑顔に喜びが生まれますから、安心して向き合いましょうね。

この記事を読んでわかること

  • 産後うつは睡眠リズムを整えると改善する
  • 産後うつは子どもを親に預けて子育てに休みを取っても改善しない
  • 産後うつは骨盤まわりの筋肉の不安定性から出てくる

産後うつが1年以上続くのは女性ホルモン依存の体内体質

産後うつは女性ホルモン依存から起こる

産後うつは女性ホルモン依存から起こる

産後うつでわたしが向き合ってきた症状で多いのが、眠りにくい、眠れない、からだの動きにくさ、からだのダルさです。

  • 眠りにくい
  • 眠れない
  • からだの動きにくさ
  • からだのダルさ
  • 子どもが泣いているのにからだがついていけずすぐに動けない。
  • 子どもが少しずつ成長しているののなぜか喜べない
  • イライラして子どもを愛せない恐怖感が出ている

このような症状が出て心療内科に行くと、産後うつと診断されます。
産後うつの心療内科の治療は、抗うつ剤を処方されます。

ここで薬を飲むとうつ症状がマシになる場合もありますが、ほぼあまり効きません。

産後うつも出産に関係ないうつ病も今まで経験してこなかった体内の感覚なのでびっくりします。
疲れてるのは、心ではなくからだなんです。わたしは一人のお客さまと1時間から2時間ずっと向き合い続けるので疲れがたまります。ストレスで置き換えず、からだが疲れてるんだととらえるようにしています。うつ病が治らないのは心の問題だと扱うからなんですね。以前、わたしはうつ症状が出た時期があったので心療内科に行きましたが、これでは治らないなって悟りました。そのとき疲れは心ではなくからだなんだと理解できました。パーソナルトレーナーを仕事にしていたのでからだの疲れがひどいときも自分でお客さまに実践している関わり方を自分にもやってみてうつのような症状がなくなりました。

産後うつが1年以上続く症状にうつの薬がなぜ効かないのかは、原因が女性ホルモンバランスと依存にあるからです。

女性ホルモン依存とは何か?

女性ホルモン依存とは、あなたが好きでそう選択したのではありません。
からだの領域で機能し合う体内のバランスなので、あなたでありあなたが気づかないうちに体内で作られたシステムなのです。

体内バランスを女性ホルモンを頼りにする体内システムを生まれてきた後の環境から作ったのが女性ホルモン依存です。

体内のホルモンのうち女性ホルモンの産生を増やし、女性ホルモン分泌の量が多い状態が女性ホルモン依存です。
女性ホルモンが多いとうつ病、心身症、睡眠障害、学習障害などが起こる確率が高くなります。

産後うつを改善させるには、女性ホルモン分泌を抑えればいいのです。

ただ、ホルモンバランスは生まれた後の環境で作られたシステムです。
環境とは、大きな範囲だと地球、自然、地域、住居、自宅、親子関係、他者との人間関係などが要素に入っています。

その中で体内を調節するホルモンバランスを作ったので、今すぐに何かを変えたら環境から知覚されるのが変わるかといえばそうではありません。

産後うつが1年以上続いてるあなたに知ってもらいたいのは、「女性ホルモン分泌量が多い体内体質」であるのと「ホルモンバランスは生まれた後の環境から体内が知らないうちにリズム運動をして学習した」、です。

産後うつの原因が心の問題だと大きすぎる範囲で考えるので、このままいつまでの続くのではないのかなと不安になってしまいます。

パーソナルトレーニングで睡眠リズムを作る

産後うつが1年以上を睡眠リズムで改善

産後うつが1年以上を睡眠リズムで改善

女性ホルモンバランスを抑えて、他のホルモンを強くするなんてどうすればいいの?と思いますよね。
医療機関では女性ホルモンであるエストロゲンを投与し更年期症状が出ている女性を治療します。
でも、改善は一時的でうつ症状は長引き、ひどくなっていく場合もあります。

女性ホルモンバランスが薬で効かないなら産後うつをどう対応すべきのか?
わたしは21年のパーソナルトレーニングでいろいろを実践してきた経験から、睡眠リズムを作ってあげると女性ホルモンバランスが改善する反応を知りました。

睡眠リズムと女性ホルモンのつながり

睡眠リズムを作ってあげると産後うつの症状が感覚的に50%改善しました。
この記事の症例のお客さまをはじめ、数件のパーソナルトレーニングで経験しました。

睡眠リズムと女性ホルモンにはどんなつながりがあるのでしょうか?

睡眠リズムが乱れると体内の細胞の運動があなたに合わなくなります。
睡眠リズムが日中のエネルギー最大にして各細胞にたまる疲労物質を代謝によって除去します。

日中は筋肉を使い動き、仕事環境の応じて同じ姿勢を持続します。
自律神経系は交感神経にスイッチをシフトさせ、副交感神経は睡眠リズムのために取ってあります。

日中は生きるために意識に上がる顕在意識を中心にした活動です。
交感神経はストレス物質を出して、身体的にも精神的にも奮い立たせますが、その分疲労物質を生みます。

堂々を疲労物質を出してでも振り切れるにはちゃんと理由があります。
睡眠中に副交感神経にスイッチを切り替えて、日中で使った筋肉を休ませられ、回復できるからです。

これは覚醒ー睡眠のリズムが体内に運動として存在するから予測できるのです。
睡眠リズムが適切になると、女性ホルモンが頑張りすぎるのも細胞の運動を最小限にできるため、女性ホルモン以外のホルモンに運動が起こってきます。

ホルモンについては、わたしの他のサイトに詳しく書いています。
ホルモンは標的器官の受容体だけ運ばれる|体内バランスをホルモンを高めるという記事にホルモンについて書いていますのでまた見ておいてくださいね。

takの女性専用の美しくなれるる情報サイト

女性ホルモンに依存する体内体質は睡眠リズムの乱れからきています。
出産されて産後からうつが出ていると思いきや、出産するにかかわらずうつ症状は出てきたのです。

女性ホルモン依存を改善すると、他のホルモンが分泌されるようになります。
女性ホルモンと対照的に弱くなるのが甲状腺ホルモンです。
甲状腺ホルモンが産生しなくなると、バセドウ病といわれる甲状腺からくる病気が出てきます。

甲状腺の病気については、バセドウ病の代表的な症状3つ|完治するためにやるべきことで書いていますのでまた見ておいてくださいね。

睡眠リズムが改善すると、甲状腺ホルモンの産生が増え、女性ホルモンがコントロールされます。
女性ホルモンが少なくなると、産後うつはなくなります。

睡眠リズムはレム睡眠とノンレム睡眠の交互リズム

睡眠リズムには、二つのサイクルがあります。

  • レム睡眠
  • ノンレム睡眠

レム睡眠は浅い睡眠でからだはほぼ動かず、筋肉は弛緩しています。
夢を見るのはレム睡眠。脳は覚醒に近いのですが無意識の状態なので筋肉から上行する感覚情報が最小です。

ノンレム睡眠は深い眠りで脳とからだは完全に分離され、からだは脳から独立して主体的に知覚します。
ノンレム睡眠ではからだが感覚を自然界から受けます。脳による情報の誤作動がないのでからだのみで生きている時間がノンレム睡眠です。

寝返りをノンレム睡眠のフレーズで行ない、日中にストレス最大で動き疲れた状態になった疲労物質を最小限の筋活動で代謝させてくれます。

眠れないときって意識が残ったままで寝返りばかりしませんか?寝返りは深い眠りであるノンレム睡眠のフレーズでやると疲労物質が小さな運動によって代謝します。眠りがイマイチなときは覚醒が高く、意識を入れて寝返りをするので疲労物質はもっとたまります。
ベッドに入るとからだは睡眠リズムを予期してますから寝返りを打ちたくなるのです。
眠れないと夜が長く、どの体勢でも眠れないなと自覚しますよね。レム睡眠からノンレム睡眠に切り替えられないのでなかなか眠りにつけません。

レム睡眠から睡眠リズムをからだが合わせてからだから脳の覚醒を落とす過程が必要です。

睡眠リズムを作る→からだが体内の睡眠リズムを知覚→からだの全身の緊張が落ちるのを脳に伝達→レム睡眠→ノンレム睡眠→女性ホルモンが抑制→他のホルモンが活性化

パーソナルトレーニングで睡眠リズムを作る

あお向けに寝てもらいます。
あお向けは背中の面、おしり、ももの裏、かかとが地面に接地します。

あお向けはあなたができる姿勢で一番地面との接触面が広く安定します。
広い地面との接触を活かして、皮膚接触によるハンドリングを行ない、睡眠リズムを整えていけます。

睡眠リズムとからだの接触を知覚できる感覚レベルは同じです。
睡眠リズムが悪い状態は、地面に重心が少なく、地面をからだが知覚できていないからです。

睡眠リズムは生物が生きていくために欠かせない体内運動です。
産後うつも出産する前までにもっていた睡眠リズムができていなかったためです。

からだを地面に接触する感覚を知覚させると地面がもつ大地の振幅をもう一度気づきとなります。
そのために地面との接触が広いあお向けにしてハンドリングをしていくのです。

不眠症の症状があるのであれば、パーソナルトレーニングの内容をすべて睡眠リズムを改善する目的にシフトします。

この記事の症例のように産後うつであれば、パーソナルトレーニングの前半は重心づくりをしていきます。
睡眠リズムが問題であれば、最初からあお向け姿勢でハンドリングをします。

  • 姿勢調整
  • 重心づくり
  • 骨盤の安定と運動
  • 骨盤から脊柱の運動連鎖
  • 非対称な運動パターンを日常生活の行為を想定した課題

産後うつを改善させる睡眠リズムの整える手順

あお向けにし皮膚接触をハンドリングして、皮膚に小さな運動を与え、わたしのからだを介してあなたに重心を伝え、地面に圧がかかるような刺激を入れます。

皮膚接触のハンドリングに時間をかけていくと睡眠リズムが始まります。
レム睡眠がすぐに始まり、その後ノンレム睡眠が始まると、ハンドリングは皮膚接触から筋肉への接触に切り替えます。

寝返り動作に必要な運動の要素をノンレム睡眠の間に入れます。
レム睡眠では前述しましたように浅い眠りでからだは弛緩しています。
寝返り運動はレム睡眠では入りませんので、わたしのハンドリングも睡眠リズムの合わせてついていきます。

  • あお向け姿勢を取る
  • 皮膚接触のためにハンドリングをする
  • 皮膚を前後左右に小さく運動を往復させる
  • レム睡眠が始まるまで皮膚の往復運動と地面との接触を知覚させるハンドリングを繰り返す
  • ノンレム睡眠が始まったら、筋肉にハンドリングを切り替えて寝返り運動を促していく

パーソナルトレーニングで骨盤まわりの筋肉を安定させる

産後うつを改善させるには、骨盤まわりに筋肉を安定させるアプローチも有効です。

骨盤まわりの不安定な状態であるのは、出産が関係しています。

  • 出産する時間が長かった(陣痛から10時間以上)
  • 臨月になるまでに胎児の状態が思わしくなく安定にした
  • 出産後に立つのが困難な状態だった

このような状態を出産で経験されているなら、産後うつは骨盤まわりの不安定な状態でからだがうまく使えていないです。

骨盤まわりが安定しないとすべての日常生活の動作が非効率となるので筋肉に余計な負荷がかかります。
その結果、脳はからだに対してストレスを感じ、女性ホルモンの放出を増やすのです。

女性ホルモンに依存すると、他のホルモンの出番が少なくなるので脳内で産生される神経伝達物質とホルモンのうまくいかずにうつ症状が出るのです。

産後うつは心療内科を受診しても治らない

産後うつは子育てにもっと向き合う方が改善しやすい

まとめ:

 

キーワード:産後うつ 一年
タイトル:産後うつが一年も続いてる不安と向き合う|これから子どもを育てられるか自信がない

  • この記事を書いた人
アバター

tak

女性専門でパーソナルトレーニングを大阪で21年。 大手フィットネスクラブを経て、独立し、脳科学、神経生理学、内科学、精神医学を独学で知識を獲得する。 徹底的にマンツーマンの身体と心の交流に主体にしたパーソナルトレーニングは年間3200セッション近くこなす地味なパーソナルトレーナー

-パーソナルトレーニングの効果

Copyright© CLEAN(クリーン)〜大阪市西区堀江・新町女性専門自宅型パーソナルトレーニング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.