生理痛がひどく仕事も集中できなかったのがパーソナルトレーニングで改善

出張パーソナルトレーニングでひどい生理痛が改善

生理痛がひどく仕事もときには仕事も休んでましたが、takさんのパーソナルトレーニングを受けて改善しました。お腹周りの脂肪細胞が女性ホルモンを活動的にするといわれ、正しい栄養の知識を入れて、生活習慣も修正し、日常的な姿勢をまっすぐにする意識をすると、みるみるうちに生理痛が改善できました。

生理痛がひどく寝込んでしまい生活ができなくなるぐらい辛い女性がいます。

生理痛は人によって症状が違うので、体質なのかと思ってしまうのですが、生理痛がひどいのもちゃんと原因があるのです。

生理痛がひどいのは、女性ホルモンが過剰に働いているからです。

女性ホルモンが活発になっているため、卵巣や子宮に運動が頻繁に起こりやすく、収縮痛なのが生理痛です。

わたしのパーソナルトレーニングでは、生理痛を改善するアプローチを行なっています。

骨盤、腰椎の間を広げて、卵巣や子宮内につながる腹膜を緩める

生理痛を改善するアプローチは、原因となる子宮と卵巣を覆ってる皮膚、筋肉、筋膜を緩めるハンドリングです。

生理痛は女性ホルモンの機能的な要因だけでなく、子宮と卵巣の実際の臓器(器官)の並び方からきています。

アプローチ方法は、骨盤の外側に広がる腸骨を運動の感覚を入れて短縮している組織に長さを作り、緊張を落としていきます。
少しずつあなたのからだが許す範囲を感覚で確認しながら、腸骨を外側に広げていきます。

腸骨を広げると、恥骨や坐骨の間に緩みが出て皮膚や筋膜が解放されます。
これらは子宮と卵巣に強い収縮感覚を与えますので、これだけで生理痛はマシになります。

違うアプローチは、恥骨からおへその間に手を当て、ハンドリングします。
わたしのからだを手に重心をソフトにのせます。
垂直方向に圧をくわえ、呼吸に合わせて、吸気(膨らむ動き)に対して抵抗を与えます。

その後手の圧を軽くして、弛緩させます。
このハンドリングを繰り返すと、子宮と卵巣に覆ってる皮膚や筋膜が広がり、生理痛が改善されます。

卵巣や子宮に神経回路をもつ腰椎から仙椎に皮膚接触をし感覚をたくさん入れる

卵巣や子宮につながる神経回路があります。
脊髄から卵巣や子宮に向かっていく神経線維を遠心性線維といい、その逆を求心性線維といいます。

生理痛は、脊髄から卵巣や子宮に向かっていく遠心性線維が頑張りすぎているのです。

神経線維は電気信号で伝達されます。
電気信号が高まるには興奮作用が必要です。
ご自宅の部屋の電気はつけたらスイッチをもう一度押さないと消えませんよね。

それと同じなのがあなたのからだの神経線維の電気信号です。
神経線維の信号はご自宅の電気のスイッチと少し違う構造をもちます。

生理痛は遠心性線維の電気信号がいつもスイッチが入っています。
消すには、遠心性線維のスイッチではなく、その逆に向かう求心性線維のスイッチを入れると弱くなります。

わたしのパーソナルトレーニングでは、生理痛に関係する子宮と卵巣と同じ神経線維に支配されている皮膚と筋肉にハンドリングで運動感覚刺激を入れます。

子宮や卵巣の神経線維に求心性の情報が入り、遠心性線維が弱くなります。
その結果、生理痛が改善されます。

お腹の筋肉ー腹横筋、内腹斜筋
腰の筋肉ー脊柱起立筋、腰方形筋
おしりの筋肉ー大臀筋、中臀筋、小臀筋、梨状筋(外旋六筋)
太ももの筋肉ー大腿筋膜張筋、大腿直筋、ハムストリング
ふくらはぎの筋肉ー腓腹筋、ヒラメ筋

脳でオキシトシンやセロトニンホルモンを促し女性ホルモンを抑制する

わたしのパーソナルトレーニングで生理痛を改善する次のアプローチは、脳に対してです。

これまでの3つは子宮と卵巣に直接構造の修正でした。
次は脳にアプローチをします。

皮膚接触をソフトに繰り返して、オキシトシンとセロトニンの分泌を促し、女性ホルモンを減らすコントロールをさせます。

女性ホルモンーステロイド成分で作られたストレスホルモン。女性ホルモン分泌が多いと副腎皮質ホルモンの分泌も増える。
オキシトシンとセロトニンは、ストレスホルモンを抑制。

オキシトシンとセロトニンを増やすには、皮膚接触と大地へのからだへの調和です。
あお向けかうつ伏せを選択して、寝て頂きます。
皮膚接触を与え、小さく往復運動する感覚を入れます。

全身で三カ所選択し、皮膚接触を10分近く繰り返します。
皮膚の赤みが出てきて、毛細血管が収縮し、脊髄を伝達し、脳の視床下部ー下垂体に反応させられます。

オキシトシンとセロトニンは脳の視床下部ー下垂体から産生されます。
皮膚接触と毛細血管の収縮で女性ホルモンがコントロールできます。

薬とは違い皮膚接触はからだに無害ですので、いくらでも行なえます。
皮膚接触を心地よい感覚をからだに作れます。

生理痛はデスクワークなどの座り姿勢が多く生活環境にいると起こりやすいです。
子宮と卵巣を座面とからだの重さで圧迫されるからです。

つまり、ストレスも同時に多い環境にある女性に起こります。
女性ホルモンはストレスホルモンですからね。

まとめ;生理痛は女性ホルモンを減らすパーソナルトレーニングで改善

  • 骨盤、腰椎の間を広げて、卵巣や子宮内につながる腹膜を緩める
  • 卵巣や子宮に神経回路をもつ腰椎から仙椎に皮膚接触をし感覚をたくさん入れる
  • 脳でオキシトシンやセロトニンホルモンを促し女性ホルモンを抑制する

です。

生理痛のある方は、takのパーソナルトレーニングをお考えくださいね。

回数をセットで受けて頂ける方が改善しますので、セッションの価格もお買い上げやすくしております。

takのパーソナルトレーニング料金

更新日:

Copyright© CLEAN(クリーン)〜大阪市西区堀江・新町女性専門自宅型パーソナルトレーニング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.