長年の偏頭痛が出張パーソナルトレーニングを受けて改善

長年偏頭痛がパーソナルトレーニングを受けて改善

若い頃から1ヶ月のおよそ半分は偏頭痛に悩まされていました。病院に行っても頭痛を抑える鎮痛剤をもらうだけで改善はしませんでした。頭痛はメンタルからもくると人に聞いたので心療内科に行きましたが、何も改善はせず。takさんの出張パーソナルトレーニングを受けて、偏頭痛がスッキリなくなったんです。姿勢とコアが原因だったそうです。

偏頭痛が起こる原因は、

  • 脊柱のゆがみから日常動作で首に圧力(ストレス)がかかる
  • 頸椎と頭蓋骨のゆがみと顔面筋の短縮
  • ホルモンバランスの乱れ
  • コアコントロールが弱く骨盤のポジションが悪く胸椎にねじれ

偏頭痛はこれらの原因が考えられます。
仕事や家庭内の人間関係にストレスがあって自律神経が失調しても偏頭痛は出てきます。
多くの場合、メンタルより身体の原因を修正すると、偏頭痛は90%は改善します。

脊柱のゆがみから日常動作で首に圧力(ストレス)がかかる

偏頭痛は脊柱のゆがみからきます。
脊柱がゆがむと、からだがまっすぐの位置にきません。
見た目はまっすぐに見えても皮膚と筋肉の中の脊柱はまっすぐではありません。

脊柱がゆがみがあるままに日常動作を繰り返すと、手を使う行為が日常動作は多いので首に負担がかかります。
日常動作は毎日繰り返されますので、首の負担も繰り返されます。

その結果、首の間の頸椎の間に通る椎間動脈が圧迫されて脳内に血液に流れが悪くなり、偏頭痛が起こります。

出張パーソナルトレーニングで、丁寧に脊柱のゆがみを確認し、筋肉によってゆがみを戻す運動を与えると改善します。
脊柱のゆがみをもったまま日常動作を繰り返してきたので、姿勢が悪くなっていますので、日常動作の注意する点を提供します。

頸椎と頭蓋骨のゆがみと顔面筋の短縮

デスクワークが中心の仕事をされていると、骨盤から胸椎・胸郭までは固定されて首と目だけを使う行為が多いです。

その結果、頸椎と頭蓋骨にゆがみが出てきます。
頸椎は脊柱の中でも1番軟らかく、可動域が広いです。
その頸椎がデスクワークによってポジションが悪いまま繰り返し動かされるので、左右にどちらかにゆがみを作ります。

ゆがみが出ると、頸椎の間の椎間関節というつなぎ目が固定されるのです。
1番動ける頸椎まで動かなくなってしまいます。
運動を失った頸椎の影響が頭蓋骨にもおよびます。

頭蓋骨は縫合(ほうごう)といってつなぎ目があります。
そのつなぎ目は動かないとされる説がありましたが、呼吸に合わせてかすかに動いているとわたしの経験でも知りました。

頸椎がゆがんだままデスクワークを繰り返すと、頭蓋骨の縫合が縮んできます。
その結果、頭蓋骨についている筋肉や全身につながる筋膜、皮膚の表皮から真皮までに血液不足となり、偏頭痛が出てきます。

頸椎のゆがみは、骨盤の不安定なコアコントロールからきますので、ハンドリングでコアを促通します。
その後、頸椎の椎間関節の運動と安定を繰り返し、骨盤と頸椎を連動させます。

さらに頭蓋骨に入っていきます。
頭蓋骨は呼吸に反応するので、ハンドリングで頭蓋骨の呼吸をモニターし呼吸が出にくい部分に圧をかけ呼吸を促します。

顔面筋は左右さがありますので、特に緊張の強い部分に注意を向けます。
緊張が強い部分に対して弱い部分があるので、そこにハンドリングをし小さな範囲で皮膚と筋肉にモビライズ(運動性を与える)をして緊張を調整すると偏頭痛は改善します。

ホルモンバランスの乱れ

偏頭痛はホルモンバランスの乱れからきます。

ホルモンバランスは、女性ホルモンのバランスからきます。
女性ホルモンは生理周期と排卵の時期でかなり分泌量が上下します。

この上下が大きいと血流不良と体内の浸透圧(イオンバランス)が出て血圧が高くなり、偏頭痛となるのです。

わたしのパーソナルトレーニングでは、骨盤周囲の皮膚、筋肉、筋膜にハンドリングをします。
表層から婦人系の器官である子宮、卵巣に圧を与え、緊張が高くなっている状態を改善します。

偏頭痛を起こすホルモンバランスは脳から分泌される部分より、婦人系の器官に過度な緊張があることで出てきます。

骨盤周囲の緊張を整えると、偏頭痛は改善します。

投稿日:

Copyright© CLEAN(クリーン)〜大阪市西区堀江・新町女性専門自宅型パーソナルトレーニング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.